タイヤサイズによくある「ZR]と「R」の違いって!?

広島県福山市に店舗があるタイヤショップツーエルです。

最近もよく聞かれるのですが、お客様の質問で、
「225/40R18225/40ZR18の違いは、何ですか?」っと聞かれることが多いです。

「ZR」と「R」の違いは・・・

225/40R18のRラジアルタイヤの意味です。

そのRにZがくっついた225/40ZR18というタイヤは似ていますが、意味が違います。
Rの前に付いたZは速度記号になります。

ZRの表示が付いたタイヤにはLI(ロードインデックス)と速度記号の表示がありません。
それは、Zが速度カテゴリーを意味しており、通常の速度記号が最高速度〇〇Km/という意味で表示してあるのに対し、ZRは最高速度240Km/h以上を意味しています。

つまり、このタイヤで時速何km/hまで耐えられますっという意味になります。

ZR規格を発売した当時は、それ以上高性能なタイヤを作らないという意味合いから
240Km/h以上としましたが、ZR規格にはLIも表示しなくてもよいルールまで
作られていました。
しかしその後もタイヤ開発が行われ、今ではVやWの速度記号が使われるようになっています。

 

ここで、ラジアルタイヤについて説明します。

ラジアル構造は、カーカスがタイヤの中心から放射状(RADIAL)に配置されています。
それをベルトで締め付けています。ラジアル構造のタイヤをラジアルタイヤと呼びます。

進行方向に対して、90度の角度でカーカスのコードが配置されていることが特徴です。
このような構造は、タイヤの屈曲に際してコードが互いに擦れ合うことを避けられるため、
転がり抵抗が小さい利点があります。